無料ブログ
ライラ(紡ぎ手)の闘争記 サンマの講座的ななにか1
WebMoney ぷちカンパ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマの講座的ななにか1

ここを読むにあたっての前提
河の状況次第だろ」などというふざけた河廚は帰りましょう。
そんなことを言っていては麻雀は成り立ちません。
追々河の捨て牌からの云々は説明します。



みんなの知っての通りサンマは三人で打つものである。
と、ここで考えるべきことは、三人で打つ以上は牌の種類を四人と一緒にしては誰も聴牌こと。
そこでサンマを考えた誰かはマンズの2~8をこの世から抹殺するという画期的な方法を考え出した!
これは隠れた変数理論(アインシュタイン)視点から考えれば、四麻と何も変わらないのだが、実質引きやすさは倍、三倍に及ぶ!もっとも他の観点から考えれば、そもそも麻雀とは、不確定な事象を……(以下略)


あー、話が脱線しましたね。
さてさて、くだらん話はともかくライラ流の三麻術を公開しときます。
サンマはあくまで四麻をある程度打てることを前提とし、あくまでネット麻雀(天鳳やMJ)を中心とし、そいでもって四麻に関しては現代麻雀技術論というサイトを中心にして話します(かなり間違った解釈あるので注意)

まず、なんといっても麻雀における原則は牌効率にある。
あまりにも不確定すぎる麻雀牌の引きを少しでも優位に進めていくのが牌効率であり、とくにネット麻雀ではこれこそが強さの大半を占めてると言っても過言ではない。
ただ、この現代麻雀技術論では相手の手牌を考えずに、捨てられた枚数を考慮した考えであり、相手の手牌までを詳しく考えていない(もちろん考えたところもある)

だが、サンマは相手の手牌を読むことから引きの可能性を考えることもある。
四麻は三種+字牌から考えるため、非常に引きの種類が多い。なのでむやみやたらに切れば入るというものではない。
だが、サンマは比べて二種+字牌+19mと非常に少ない。
当然ながら適当に切っても入る場合が多い。確率的にそうなるのはしょうがない。
だが、そんなことをいちいち負けるいい訳にしては埒があかないし、それこそ負け犬の遠吠えになってしまう。

だからといって、サンマは運要素が強すぎるため、理論を構築しようと、一時の運の強弱で容易に壊れてしまう。それもしょうがないこと・・・・だが、かといってなにも考えずに打つことはかなり危ない。


そこでわたしができうる限り頑張ってみたいと思う。



1:リーチタイミング

いきなりこれかい!とか言わないでくださいね?(汗汗)
といっても、わたしは話をまとめるのがうまくないので(ラノベ作家志望として致命的)、どこからどう話せばよいかをかなり考えた結果である。

そもそもサンマは、牌の種類が少ないだけに聴牌速度、打点が異常に早くて高い。(赤が入っているのでなおさら)
例えば可能性的に三巡目に面前清一色を張ることもざらにある。
まあ、上記はさすがにチートを疑うが、それでも可能性は低くはない。

じゃあ、相手がリーチしてきたら?押し引きは?ベタオリのタイミングは?などという疑問は多々浮かぶ。
だからこそ、サンマでの重要なことの一つがこのリーチタイミングだ。

例えば、東一局、東家、五巡目こんな聴牌をしたとしよう

11m 234567p 1237s 南 ツモ9s  ドラ1m

さて、これで南を切ってリーチを打つかどうか。ルールは満貫切り上げを採用(MJルール)
抜きドラ、ツモ損はなし(好きなルールじゃないし)

四麻であれば即リーが原則
サンマもそれにのっとって、基本原則は聴牌即リーである

ただ、上の手牌と巡目を考える。まだ5巡目という序盤な上に嵌張での聴牌。
ドラが二枚あるとはいえ、愚形には変わりはない。なら早い順目なら手代わりを待つのではと考えるのがサンマの基本だ。
四麻なら手代わりの種類は圧倒的に少ない。
だが、サンマならたとえば、ここから南を落として形聴をとる。
ピンズの9p以外を引けばほぼ良形は確定。なおかつ四連形となり、強い塔子ができる可能性がぐっとあがる。ましてや、9p引きでも一通の可能性が残り、黙れば和了率はそれなりに上がる。
もし19p→一通の可能性。前者は良形聴牌可能性大。
2p→ドラの受け入れと、もう一枚重なれば四面張になる。仮に58pをその後にツモったとしても、その後には幺九牌のドラ待ちの強いリーチへと受けられる(幺九牌のドラと言っても19mに関しては、だが)
3p→23+34567で12458の強い引きの良形確定
4p→234+4567で四連形と2p引きでの一盃口が確定となる。仮に1pを引いても4pを引いてもドラ待ちのシャボリー、或は4p落としの一通目を見ることができる
5p→4pと同じく
6p→3pと同じく。
7p→2pと同じく
8p→これを引くことこそが最大の強さ。2345678pは258p意外の牌の良形が確定しているからだ。単純に9種のピンズで258pを除いた枚数は9(種)×4-8(既に使われている牌)-3(種)×3(枚)=36-8-9=19枚だ。当然ながら聴牌スピードは79sの嵌張で和了れる4枚と比べて和了率より確実に上だ。

このようにサンマの牌種の狭さを利用した手代わりは確実に戦績へと響く。
これをするのとしないとでは、弱者相手に勝負をした場合は、100戦でトップ率に10%以上も差が開くことを、あのksゲー(一人偏見)である天鳳でさえも実証済み!(怪しい通販みたいな口調で)


だが、即リーをしなければならない場合もある。
例えば
12444
の形はそうだ。
他の形がいくら強いとは言え、先ほどの例では6s引きでの良形変化、4s引きでの四連形塔子の構成があったからの話であり、今回は444のどこに牌が寄っても強い形を作ることはかなり難しい。
しかも4を三枚を使っているので壁として、3mは案外出やすい(暗刻でもたれている場合は諦める。ポンされている場合はさすがに落として、他の塔子を形成する方が早い)

逆に12555の形。
12555だと46の引きで1を落とす。12555→24555或は25556
24555の場合は6を引けば2を落としておく。裏目の3を引いても良形、或は他の牌から平和がつく場合もある。
25556の場合は7引きで三面張ができ、そこから6で良形、7で一盃口の役の確定がある。

25556の形の場合だとさきほどの12444の形にも言える

12444の形だと4が槓材の形でもあるため(444にくっついていなければだが)、暗カンを行うこともできる。カンによる打点の上昇も見えてくる(サンマだからカンのしやすさがある。四麻ならここまで考えないだろうけど・・・・・)


てなわけで意外にも手代わり判断はこれだけだ。
また、終盤での手代わりは極力避け、オナテンあるいは、相手への放銃を避けてのベタオリが一番。
中盤終了間際でも手代わりがあるならしておいた方がお得だ。






では今回はこちらが先制聴牌をすることを前提として話をすすめたが、もし相手からリーチがかかってきたら?




これこそがサンマの戦績を真っ二つに引き裂く要因だ。

簡単だ。

基本原則どんなに打点の高い手牌でもベタオリだ。
たとえ役満の手を張っていようが、振り込んではしょうがない。
相手が満貫聴牌をしていたとしよう。
もし満貫に放銃すれば8000点。ツモられれば、子だと3500、親で5500だ。
それを考えると子で5500点、親で3500に失点の差が出る。
子の場合は5500点は大きな差なので降りる。
親の場合は手牌次第だ(もちろん子でも手牌と相手の待ち次第では追っかけもある)

たったこれだけの話をしているのだが、「サンマだから高い手作れそう」だとか「安手で相手を蹴れば、あいてもさぞかし悔しがるだろう」とか「切る牌ないから突っ張っちゃえ」などと安易な考えを持つと大きな痛手を受けることになる。
ましてや、相手の目を気にするのもあれだとは思うし、別にゼンツすること自体が、あれだというわけでもないが、わたし個人としては、むやみやたらにゼンツすることに打ち手の気持ちの安易さを見せることとなり、「こいつ弱いんじゃね」などと思われるのはなおさら気分が悪い(技術論の話なのに個人感情が混ざっていますが気にしないでください(笑))
なんというか、上に立つものとしての風格の問題です(`・ω・´)キリッ

いや、実際にベタオリは大事です。
そうですね。
MJのサンマの戦績だとこれほど差が出ます。

200戦

ベタオリできる人
70-70-40

できない人
60-60-70


MJのサンマAリーグでもこれほどに差が出るのは確実ですね

天鳳なんかだと永遠に昇段できないし、むしろ降段を余儀なくされる場合がある。確変を引いて五段、六段に上がったとしても地獄には耐えられない。
ベタオリできる人は、地獄を引いても、地獄が終わるまではかなりの期間で耐えられるので、戦績が大きく落ち込むことは少ない(それでもトップ率はガタ落ちする)


あー疲れたー。
とりあえず一旦ここで区切りましょう。
他の例や押し引きはこの基本的なライラ流サンマの基本+でついてくるものなので。
ではまた次回・∀・ノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本格的な記事ですなー( ^ω^)
ベタオリ論は当然のごとく賛成。経験からそう思えます。
リーチ理論はどうだろう、これは意見な様々でそう。
まぁ直接いい手変わりなかったら男は黙ってリーチ(^・ω・^)が今のモットーだけど見なおしてみます。

No title

まあ、これはあくまでわたしの考えですからね。
あくまで最前と思われる方法をあげているだけなので、勘違いだったりするかもwww
でも、それで現に結果を残せているなら間違えてはいないはずw
それでも「自分の打ち方が好きだ!」とか「これのほうが上がれそうだろ」というオカルト派がいるのならそちらにも賛成します^^
プロフィール

ライラ

Author:ライラ
趣味は麻雀、アニメ、音楽(主にアニソン)、たまに卓球
麻雀はMJ4に「☆紡ぎ手☆」で出現します。

好きなアニメは魔法少女リリカルなのは
この身も命も人生も童貞もこのアニメに捧げています
モバゲ、「魔法少女リリカルなのはInnocent」も同じ名前でやってます。DM申請歓迎。

MJ4
段位:賢王
東風リーグ:忘れた
半荘リーグ:忘れた
半荘プロリーグ:忘れた
三人打ち:忘れた
雀荘モード:忘れた





天鳳
最高段位:
四麻 7段
サンマ 7段
ダブル鳳凰民
今現在稼働中ID
草原の涼風


twitter
http://twitter.com/tumugite

スカイプID
moenotsumugite

ニコ廚

最新コメント
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。